苦情解決について

相談(苦情)申し出窓口設置のご案内

社会福祉法人 克信会では、それぞれの事業所において、ご利用者ご家族より寄せられた相談(苦情)に適切に対応させて頂きます。
園内にはご意見箱が各階ごとに設置されておりますのでお困りの際にはご利用下さい。誠意をもって対応させて頂きます。
電話相談も受け付けております。(受付時間8:30~17:30)
また第三者委員へ直接相談(苦情)を申し出ることも可能です。

  1. 相談(苦情)受付け担当者 事務長 中井川または生活相談員(各事業所ごと)
  2. 相談(苦情)解決責任者  施設長 河又
  3. 第三者委員 樫村 馨(評議員) 永島 好夫(評議員)

【連絡先】社会福祉法人 克信会 TEL:0294-28-7680

 

相談事例

平成30年度

相談内容 説明・対応
在宅サービスにて、急いでいるご家族への書類押印依頼が一方的であった。 謝罪しました。変化のない書類押印は期限を決めておらず、ご家族に合わせて対応しています。接遇を指導して参ります。

平成29年度

相談内容 説明・対応
買い物支援について。購入量が多いのではないか。 購入した菓子や惣菜について、いつ、どのように提供しているか、嚥下に問題はないか、ご説明しました。
ご本人とご家族のご意向を受け止め、今後買い物支援を継続していくためにはどうするか考えていきます。

平成28年度

相談内容 説明・対応
頻尿のためトイレに行きたいが、コールを何度押しても来てくれないことがある。 謝罪をしました。夜間帯の排泄対応について状況を確認し、そのような現状があった場合は介護職員と対応を考えます。

平成27年度

相談内容 説明・対応
食事介助中、職員が居室内にいらっしゃったご家族にお声がけせずに居室を出てしまった。 指導して参ります。
他入居者様より夕食配膳希望時間が早いため、職員は他入居者様の夕食配膳準備で居室を離れることがあります。同じ時間であれば途中退席することはない旨ご説明し、配膳時間を他入居者様と同じ時間に変更しました。
職員が食事のお声がけをするだけでご入居者が泣くことがある。 気分転換のため、リクライニング式車イスで散歩を行います。
また、旦那様に当園へ宿泊して頂く提案をしました。
総合的な対応として
総合的な対応として当園入所まで在宅介護してきた経過があり、様々な思いがあることを当園職員も理解することが大切です。来園された際の状況報告時は、より具体的に理解して頂けるよう、ケース記録やチェック表も提示しながら説明していきます。相談員やケアマネも、ご家族へ声かけを行い、要望等を聴き取り、職員とご家族が一緒になって本人様の生活を支えていけるよう援助していきます。

平成26年度

相談内容 説明・対応
洗面台にある歯ブラシ、コップが汚い。 謝罪をしました。
今後、口腔物品を毎週水曜日の遅番者が消毒等を実施します。また、意識と気づきをミーティング等にて徹底させていくように致します。
ベッドのシーツがザラザラして砂のようなものがあったが、シーツ交換はやっているのか? リネン交換は1週間に1回おこなっている旨の説明とお詫びをした。
今後、交換チェック表を1ヶ月単位で掲示しそこに記入していく。

平成25年度 特別養護老人ホーム

相談内容 説明・対応
洗濯物が縮んでしまっている。 今後、家族側で洗濯をしたい。 タオル類は、使用後時間が経つと衛生的に良くない、縮みにくいこともある為、当園で洗濯させて頂く。その他の洗濯物は週2回ご家族来園の際、お渡しすることにする。
居室天井の換気扇が汚れているため ベットにホコリが落ちているので対処してほしい。 フィルターの交換を行った。 ご家族来園時、フィルター交換を行った事を説明し謝罪した。
Copyright(c) 2011 KANESAWABENTENEN All Rights Reserved.